TOPページ < 悩み

管理薬剤師の悩み

→人気の薬剤師求人サイトはコチラ!

薬剤師にとって今は幸せなの時期なかもしれません。人手不足が深刻な薬剤師業界ですが、これが幸いして給与等の待遇面を改善してくれています。特に、各ドラッグストアは高い給与で求人募集が行われています。一般的なサラーリーマンの世界では右肩下がりで収入が減っている時代です。薬剤師は対照的に所得が増える状況です。そのような薬剤師ですが、皆が一つの目標にしているのが管理薬剤師。管理薬剤師とは、保健衛生上支障を生ずるおそれがないように、その薬局に勤務する薬剤師その他の従業員を監督して、薬局の構造設備及び医薬品その他の物品を管理する責任者のことです。法律により、各薬局に必ずひとり配置が義務ずけられています。管理薬剤師の経験の有無は、転職・復職の際に大きな意味を持つことになります。

管理薬剤師の経歴があると、どの職場に勤めても最低限の評価をしてもらえます。管理薬剤師の経歴でその人物像が決まるといっても過言ではありません。老若男女の薬剤師が管理薬剤師を目指す理由はここにあります。能力が評価されれば若手薬剤師でも管理薬剤師に就任することができます。管理薬剤師になると、勤めている薬局の全責任を負うことになりますので、ストレスが溜まるとの声をよく聞きます。また、ベテランの管理薬剤師からは、薬剤師を含む若手スタッフとの関係に悩む、との意見があります。薬剤師に限らずどの職業でもそうですが、若い子との接し方に悩む管理職は多いようです。業務が複雑化して残業になることが避けられないこともストレス要因の一つになっています。

まだ悩める内は良いのですが、深刻になるとうつ病などの心の病になってしまいます。心の病に罹る管理薬剤師は少なくありません。病状が悪化すると日常生活にも支障が出てきて、休職する事態に陥ってしまいます。早く復帰できればようのですが、長引くと大変な事態になります。ストレスが多い管理薬剤師ですが、悩みが深刻にならないように自己予防が大切なように思えます。愚痴を言える相手がいればよいですし、それで解決できるのなら越したことはありません。しかし、問題が深刻なら転職も視野に考える必要があります。薬剤師転職エージェントを利用していただけたなら、求職者に合う職場を提案してもらえます。人間関係から業務内容まで、あるとあらゆる悩みに対応してくれるのが薬剤師転職エージェントです。薬剤師転職エージェントでストレスない職場を探してみませんか。

管理薬剤師の求人探しならこのエージェント!

リクナビ薬剤師

対応エリア 全国
詳細・申込 公式サイトへGO!

マイナビ薬剤師

対応エリア 全国
詳細・申込 公式サイトへGO!

薬キャリ

対応エリア 全国
詳細・申込 公式サイトへGO!
>>4位以下を含むより詳細なランキングはこちらから!

地域別