TOPページ < 研修

管理薬剤師の研修

→人気の薬剤師求人サイトはコチラ!

政府の規制緩和などにより、ドラッグストアや調剤薬局が劇的に増えています。患者・消費者にしてみれば、身近に薬局があるのでとても便利です。また、高齢化にともない薬の需要が多くなり、調剤薬局等の開設を後押ししています。ドラッグストアや調剤薬局が増えれば、管理薬剤師が必要になります。管理薬剤師は薬事法に規定されています。薬局開設者が薬剤師であるときは、自らその薬局を実地に管理しなければならない。ただし、その薬局において薬事に関する実務に従事する他の薬剤師のうちから薬局の管理者を指定してその薬局を実地に管理させるときは、この限りでない。薬局開設者が薬剤師でないときは、その薬局において薬事に関する実務に従事する薬剤師のうちから薬局の管理者を指定してその薬局を実地に管理させなければならない。

要するに、薬局の経営者が薬剤師であれば管理薬剤師に就任すればよいのですが、そうでなければ管理薬剤師を雇う必要があります。ただ、多くのドラッグストア、調剤薬局ではチェーン展開していますので、各店舗に必ず一人、管理薬剤師を置かなければなりません。管理薬剤師には若手からベテランまでが就任しています。最低でも薬剤師経験が3年程は必要とされる管理薬剤師ですが、経験を積めば誰でもなれるとは限りません。若くても、経営者または人事部から能力を認められれば管理薬剤師になることができます。管理薬剤師は、薬剤師にとって客観的な物差しのようなものです。管理薬剤師の経験があれば、薬剤師としての合格点が貰えますし、なければ能力に疑問符が付くとも言われています。多くの薬剤師は、管理薬剤師を目標に日々頑張っています。

管理薬剤師に就任できても学ばなければならないことは山ほどあります。管理薬剤師の成功の秘訣は経験と勉強です。大手の薬局では研修がよく行われます。研修により薬剤師が苦手のマネージメントなどを学ぶことができます。研修では各店舗の管理薬剤師が来ていて、悩みや意見交換できる貴重な機会になっています。管理薬剤師として転職を考える場合、研修制度が充実している会社がお勧めです。そこで利用してほしいのが薬剤師転職エージェント。大手から中小までの薬局を網羅して、転職斡旋をしています。各薬局の詳細情報を把握しており、求職者の要望に合う薬局をリサーチしてくれます。給与等の条件交渉もすべて無料で行ってくれます。管理薬剤師の転職をお考えの薬剤師の方は、是非とも一度、薬剤師転職エージェントをご利用ください。きっと満足していただけるはずです。

管理薬剤師の求人探しならこのエージェント!

リクナビ薬剤師

対応エリア 全国
詳細・申込 公式サイトへGO!

マイナビ薬剤師

対応エリア 全国
詳細・申込 公式サイトへGO!

薬キャリ

対応エリア 全国
詳細・申込 公式サイトへGO!
>>4位以下を含むより詳細なランキングはこちらから!

地域別