TOPページ < 副業

管理薬剤師の副業

→人気の薬剤師求人サイトはコチラ!

サラリーマンの世界では平均年収が下がる一方です。これを受けて副業に勤しむサラリーマンも少なくありません。サラリーマンの6人に1人は副業の経験があるそうです。住宅ローンや子どもの教育費などの出費は増えるばかりです。少しでも収入を増やそうと、副業を始めるサラリーマンが多くなっています。ただ、サラリーマンを含め、薬局勤務の薬剤師が副業を始めるときは注意が必要です。就業規則で副業が禁止されている会社もあるからです。副業していたことがバレルと処分の対象になります。副業が容認されている企業でも届け出申請しないと問題が起こります。少しでも収入を増やしたいと考えるサラリーマンはたくさんいますが、プロセスは大切にしたいものです。

薬剤師も大多数が薬局などに勤めるサラリーマンです。薬剤師の平均賃金データによりますと、男性が平均年齢37歳で670万円、女性は平均年齢32歳で490万円になっています。大学の薬学部を卒業して、国家試験に合格した割には、収入が低いと思っている薬剤師は多くいるようです。しかし、大卒の平均的なサラリーマンと比べても劣っている数字ではありません。むしろドラックストアなどの給与は、人手不足により高い水準が設定されています。薬剤師でも管理薬剤師の肩書があると、2割増し程の手当が付くことになります。管理薬剤師の平均年収は相当なものになっています。高い年収を得ている管理薬剤師の中には満足していない人も多数いるようです。

一般サラリーマン同様に、家計にかかる諸経費を補うため副業をしたい管理薬剤師の方もいるでしょう。ただ、薬事法により管理薬剤師の兼業は禁止されています。この兼業というのは、薬剤師業務としての兼業が禁止されているのです。すなわち薬剤師として別の薬局等で働くことがいけないことになっています。管理薬剤師の知識を利用して大学で教える、または執筆活動を行うなどの行為は禁止されていません。副業可能な仕事であっても、勤めている職場の許可を得なければならないことは言うまでもありません。管理薬剤師が安易に薬剤師業務のダブルワーカーを行ってしまいますと、薬事法に触れてしまい大変なことになってしまいます。管理薬剤師の方は、一度、薬事法に目を通しておくことをオススメします。管理薬剤師の副業には制約がありますが、薬剤師転職エージェントに相談されて、就業可能な副業を探すのも一つの方法かと思います。

管理薬剤師の求人探しならこのエージェント!

リクナビ薬剤師

対応エリア 全国
詳細・申込 公式サイトへGO!

マイナビ薬剤師

対応エリア 全国
詳細・申込 公式サイトへGO!

薬キャリ

対応エリア 全国
詳細・申込 公式サイトへGO!
>>4位以下を含むより詳細なランキングはこちらから!

地域別