TOPページ < 募集先の探し方

管理薬剤師の募集先の探し方

→人気の薬剤師求人サイトはコチラ!

薬剤師の間で管理薬剤師が話題になっています。管理薬剤師は、「薬局開設者が薬剤師であるときは、自らその薬局を実地に管理しなければならない。ただし、その薬局において薬事に関する実務に従事する他の薬剤師のうちから薬局の管理者を指定してその薬局を実地に管理させるときは、この限りでない」と、薬事法で規定されています。薬を扱う店舗では必ず一人、専門家である薬剤師を置き、管理薬剤師として店全体を管理・監督しなければならないということです。薬局等は素人でも開設することができます。しかし、医薬品の管理等、保健衛生上の支障を生ずるおそれがないよう注意するには、薬剤のプロフェッショナルである薬剤師が責任者へ就任する必要があります。時には経営者に対して改善すべき点を毅然と指摘しなければならないこともあります。オーナーより強い権限が与えられているともいえます。

管理薬剤師にはリーダーシップ、判断力が求められ、誰でもが勤まる職種ではありません。管理薬剤師になるということは、薬剤師として評価されている証になります。管理薬剤師は、薬剤師としての出世の象徴といえます。薬剤師として働き続けると管理薬剤師に就任する可能性はあります。しかし、何時まで経ってもなれないこともあるでしょう。管理薬剤師の経歴がつくと、転職する際には評価のされ方が全く異なってきます。薬剤師業界の中でも管理薬剤師の経験の有無が、その薬剤師の人物評価の物差しになる程です。薬剤師の多くが管理薬剤師を目指すのもこのような背景があります。管理薬剤師になれれば越したことはありませんが、無理なら転職して管理薬剤師を目指すしかありません。

管理薬剤師の募集先の探し方に何か秘訣はあるでしょうか?管理薬剤師の求人を見かけることはありまが、求人数が少ないように思えます。管理薬剤師の募集はあるようでないのが現状です。管理薬剤師という特殊な求人を探すのは至難の業と言えます。ただ、薬剤師転職エージェントを利用すれば、思いのほか簡単に管理薬剤師の求人を探すことができます。薬剤師転職エージェントには、圧倒的な求人数が用意されています。この中には管理薬剤師が山ほど含まれています。薬剤師転職エージェント独自のネットワークにより集められた質の高い求人が揃っています。勤めながらの転職活動もできるようになっています。管理薬剤師への転職をお考えの方は、是非とも一度、薬剤師転職エージェントを活用してください。きっと満足していただけます。

管理薬剤師の求人探しならこのエージェント!

リクナビ薬剤師

対応エリア 全国
詳細・申込 公式サイトへGO!

マイナビ薬剤師

対応エリア 全国
詳細・申込 公式サイトへGO!

薬キャリ

対応エリア 全国
詳細・申込 公式サイトへGO!
>>4位以下を含むより詳細なランキングはこちらから!

地域別