TOPページ < パート・アルバイトの求人

パート・アルバイトの管理薬剤師求人

→人気の薬剤師求人サイトはコチラ!

薬剤師の特徴のひとつに女性薬剤師の割合が多いことがあげられますが、女性薬剤師の離職の理由の第一位が結婚や出産での退職です。プライベート時間を大切にしたい、子育てや家事と仕事との両立を望むという薬剤師は多く、そのため薬剤師のパート労働に人気が集まるようになりました。求人サイトを覗いてみると、薬剤師のパート労働求人が驚くほどの数で閲覧できます

一般薬剤師のパートがそのうちの多数を占めますが、なかには最近の薬剤師不足の影響で、管理薬剤師のパート募集といった求人も混じるようになってきました

もっとも多いのが調剤薬局チェーンの保健調剤薬剤師で、正社員1人の薬局長のほかはパート薬剤師で構成され、シフト制で業務をまわしているような運営形態の店舗が多いようです。管理薬剤師は基本的には開店から閉店まで店舗に常駐していることが義務づけられていますが、こうした店舗の場合は薬局長の代理ということで、一般業務をこなしつつ薬局長の不在時間の管理薬剤師業務を代行していくことになります。なかには「未経験から管理薬剤師ができます」といったような募集案件もあり、いずれは管理職を目指したいが時間拘束に悩むという薬剤師には魅力的な求人と言えます。

こうした薬剤師のパート労働は一般のパート労働の条件とは比較にならない好条件が特徴といえます。パート労働とはいえ、福利厚生もきちんと整備され、各種社会保険から退職金制度に、昇給はもちろんのこと年に2回の賞与も支給されるところもあり、給与も時給が2000円から高いところは3000円までと、一般のパート労働の2〜3倍に相当して、有給休暇や夏期休暇なども設けてあって、正社員と変わらない待遇です。

勤務時間は人件費削減のためにパート扱いにしたいと考える薬局は常勤を望むところもありますが、週2日〜4日までの勤務で、時間帯も応相談と明記してあるところが多く、子育てが一段落するまでは管理薬剤師のパート勤務で家事を両立させ、その後は正社員に切り替えて薬局長を勤めていくという昇進ルートもあり、薬剤師資格を有効に活用できる利便性の高い職務形態です。

また、製薬会社や卸売り業者の管理薬剤師にもパート勤務の募集は多く、こちらはどちらかと言えば医薬品の問い合わせ業務や公的書類の申請といった事務的な作業が中心ですから、両立を図りたい女性薬剤師には無理のない仕事条件といえます。女性薬剤師が持てる資格を上手く活用し、将来設計を立てていく方法は労働市場にあふれていますので、情報をこまめに収集しておくことが大切です

管理薬剤師の求人探しならこのエージェント!

リクナビ薬剤師

対応エリア 全国
詳細・申込 公式サイトへGO!

マイナビ薬剤師

対応エリア 全国
詳細・申込 公式サイトへGO!

薬キャリ

対応エリア 全国
詳細・申込 公式サイトへGO!
>>4位以下を含むより詳細なランキングはこちらから!

地域別