TOPページ < 平均年収

管理薬剤師の平均年収

→人気の薬剤師求人サイトはコチラ!

病院の管理薬剤師に調剤薬局の管理薬剤師、ドラッグストアの管理薬剤に、さらに企業管理薬剤師と管理薬剤師の職種も多種多様ですが、年収もさまざまです。

なかでも注目は、このところもっとも活発採用されている調剤薬局チェーンの管理薬剤師です。6年制導入で、ここ2年の間に薬剤師人口が停滞し、1店舗に一人を常駐させなければならない調剤薬局チェーンにとって管理薬剤師不足は死活問題です。職務内容も薬剤師をとりまとめていくという責任のある立場にあるため、給与曲線も右肩上がりに上昇し、年収700万円以上という採用条件も目立ってきました。500万円台〜600万円台までが、平均年収の主流となり、月額の薬剤師手当も高額で、5万円以上を支給するところが増えています。ただ、昇給の伸び率が比較的低いので、生涯年収としては製薬会社の営業職やドラッグストアの幹部には追いつきません。

病院の管理薬剤師もこのところ積極採用する職種です。収入の不満や、医師や看護士などとの人間関係の難しさ、さらに夜勤や休日出勤などの労働条件から、調剤薬局やドラッグストア、製薬会社などの企業に人材が流れる傾向にあり、本来ならば薬剤所を統括する重要なポジションにあるため、昇進によって就く職種ですが、離職率の増加で経験者採用に踏み切っている病院も多いようです。年収400万円〜が相場ですが、年齢、経験、能力を考慮するという条件で募集するところが多いようです。

初任給として高めの設定となるドラッグストアですが、新卒の大量募集によって薬剤師を一括確保し、1店舗の配置数が少人数で、管理薬剤師に短期のうちに昇格する企業も多いため、管理薬剤師単体としての募集は残念ながら比較的少なめです。しかし、求人募集している薬剤師の大半が管理薬剤師候補ですから、短期昇格できるのが決め手です。管理薬剤師手当も1万円〜7、8万円までと、企業によって幅が広く、年収も500万円〜800万円までと、かなり企業間格差があります。ほとんどのドラッグストアの管理薬剤師は店長との兼任ですが、なかには管理薬剤師といっても名ばかりで医薬品の売り場だけを担当する場合もあり、そのようなところに給与格差がみられる原因かもしれません。

一方、高額所得第一位の製薬会社ですが、薬事・管理者という管理薬剤師の職種はMRなどの営業職や研究開発とは分別して、新薬の許可書などの申請や、行政機関への対応業務などデスクワークが中心です。製剤見本、臨床使用医薬品(試供品)の在庫管理の調整やお客様相談係も兼ねます。新卒者採用も多く、とくに経験は問われません。そのため、年収も一般企業の事務職と変わらず、350万円〜と設定しているところがほとんどです。

管理薬剤師の求人探しならこのエージェント!

リクナビ薬剤師

対応エリア 全国
詳細・申込 公式サイトへGO!

マイナビ薬剤師

対応エリア 全国
詳細・申込 公式サイトへGO!

薬キャリ

対応エリア 全国
詳細・申込 公式サイトへGO!
>>4位以下を含むより詳細なランキングはこちらから!

地域別