TOPページ < 勤務時間について

管理薬剤師の勤務時間について

→人気の薬剤師求人サイトはコチラ!

管理薬剤師の勤務時間はそれぞれの業態によってもかなり違ってきます。

例えば、調剤薬局の場合は、近隣にある病院や医院の診療時間に合わせて、営業時間を設定してあるため、平日は9:00開店の19:00閉店、というところが一番多く、土曜日は午前中の営業か、終日という場合もあります。そのため、管理薬剤師の就業時間もこの営業時間に合わせて、週40時間のシフト制と設定しているところが多く、管理薬剤師が不在の場合は他の薬剤師が代行するという形態がとられています。大半が4週6日休と設定しているところが多く、日、祝日が休みで他に月2日の不定期休をとるのが一般的です。近隣の医療機関の診療科によって、取り扱う薬剤が違ってくるので下調べが必要ですが、管理薬剤師を経験しておくと地域本部長など段階的に昇進が可能ですので、圧倒的に募集が多い今がチャンスですね。

一方、病院の場合は入院患者と外来患者への対応が病院薬剤師の役割ですから、24時間対応が基本ですが、管理薬剤師の勤務時間は基本平日8:30〜17:30で、土曜日は隔週勤務であったり、午前中の勤務であったり、病院によってさまざまです。休みは4週6休〜4週9休までで、基本的には夜勤もありません。以前はごく少なかった病院管理薬剤師の募集ですが、このところ非公開求人に多数みられますので、チェックしておきましょう。病院の管理薬剤師を経験しておけば、研究開発分野への転職も開けるなど、特典もさまざまです。

ドラッグストアの管理薬剤師は基本的には開店から閉店までは勤務する必要性があります。ドラッグストアは10:00開店が基本ですから、朝は遅い出勤になってきます。その分、夜遅くまで営業しているので、かなり就業時間が長いとはいえますが、中休みを13:00頃から15:00 頃までの比較的集客数が減少する時間帯にとり、労働基準法に問題がないように調節していきます。年中無休が基本ですから、土曜や日曜などの集客量の多い週末に休みがとれることはまずなく、休みは基本週2日制の不定期です。店舗の管理薬剤師を経験しておくと、本部勤務やその他の上層部への抜擢も叶ってきますので、じっくり研鑽を積むことが大切です。

企業の管理薬剤師は一般的な就業時間と変わらず、9:00〜18:00 がほとんどです。休みも土、日休みの週休2日制が多く、他の管理薬剤師と比較すると負担のない職種ですし、未経験可の募集も多いので、ぜひチャレンジしてみたい職種です。

管理薬剤師の求人探しならこのエージェント!

リクナビ薬剤師

対応エリア 全国
詳細・申込 公式サイトへGO!

マイナビ薬剤師

対応エリア 全国
詳細・申込 公式サイトへGO!

薬キャリ

対応エリア 全国
詳細・申込 公式サイトへGO!
>>4位以下を含むより詳細なランキングはこちらから!

地域別