TOPページ < 管理薬剤師とは

管理薬剤師とは

→人気の薬剤師求人サイトはコチラ!

保健薬など、薬を取り扱う店を開設する場合には、必ず1店舗に一人の専門的な薬剤師がすべてを管理することが義務づけられています。経営責任者が薬剤師でなかった場合や複数の店舗を経営している場合は、経営責任者が任命した薬剤師に一任することができ、これが本来の管理薬剤師の役割です。しかし現状、管理薬剤師の役割は薬局であったり、ドラッグストアであったり、病院であったり、医薬品企業であったりと、その事業形態によってさまざま。役割は細分化され、どれもが同じではありません。

薬事法では「薬局等においては、薬剤師である管理者を置き、当該管理者は保健衛生上の支障を生ずるおそれがないようその薬局等の管理に遺憾なきを期すこと」とあります。つまり、おおまかにいえば、薬局や薬店のトップにたって、法律に準じた店舗経営を行うための管理監視役を任された職務のことですが、病院など医療法で定められた医療機関ではこの管理薬剤師の事情がまた違ってきて、薬局長の下に管理薬剤師として配属された薬剤師がいる場合が多く、薬局長の指示のもとに管理薬剤師としての仕事を担っていきます。

一番わかりやすいのが、ドラッグストアの管理薬剤師です。1店舗に一人配属された管理薬剤師は開店から閉店まで必ず常駐して、薬の扱いから従業員にまで目を行き届かせます。店長を兼ねる場合も多く、管理薬剤師が不在の店舗は開店することも営業することも許されていませんが、休暇や休憩、そのほかのやむを得ない不在理由の場合に限り一般の薬剤師にもこの管理代行を任せることができるのです。

また、調剤薬局の場合は各薬局の薬局長がその店舗責任者にあたるわけですが、この薬局長が管理薬剤師という職種を兼務している場合がほとんどです。一般の薬剤師と同様の業務をこなしながら、薬局長としての任務も果たし、管理薬剤師としての職務も任せられるといった重要なポジションです。

一方、病院の管理薬剤師は調剤所のなかで、薬局長のサポート役を担っていきます。規模にもよりますが、一般の病院薬剤師の業務をこなしながら、将来的には薬局長を目指せるように、薬局長の下で管理薬剤師としての研鑽を積んでいきます。大病院では薬剤師の数も多いですから、薬局長になるにも、それなりの時間がかかるからです。

また、製薬会社や卸売り業者にも管理薬剤師という職種がありますが、これは製品検査を行ったり、行政に提出する申請書類を作成したりする薬事管理者という業務と、医師や一般の人からの製品の相談に対応したり、営業に薬剤の指導などを行う学術・管理薬剤師があり、担当職務ではなく一般職という定義です。

サイト名 対応
エリア
詳細

リクナビ薬剤師

全国 公式サイト

マイナビ薬剤師

対応エリア 全国
詳細・申込 公式サイトへGO!

薬キャリ

対応エリア 全国
詳細・申込 公式サイトへGO!
>>4位以下を含むより詳細なランキングはこちらから!

地域別