TOPページ < 医薬品卸売販売業の求人

医薬品卸売販売業の求人

→人気の薬剤師求人サイトはコチラ!

製薬会社や医薬品卸業や医療機器メーカーには薬事を担当する管理薬剤師という業務があります。一般に管理薬剤師というと、管理者という立場で薬剤師の上に立って指導を行ったり、店舗経営や運営を任せられるといったイメージがありますが、そうした販売系の現場とは異なり、こうした製造業の薬事担当の管理薬剤師の業務は、おおまかにいえば売り出す製品の行政対応や、製品の情報提供を行う総務事務のような仕事です。

医薬品や医薬部外品、医療機器などは、それを販売するにあたって薬事法によって厳しく規制されています。新しく製品を開発して製品化する場合には、厚生労働大臣による承認や各都道府県知事の許可が必要となり、これを申請するにあたっての資格が薬剤の専門分野を修得した、つまり薬剤師と定められているからです。

こうした行政対応のほかに、製品の安全性についての情報、品質情報について情報提供するためのデータを集めから、情報提供のための申請書類を作成したり、適切な対応を行なっているかといいった関係書類をチェックしたり関係書類を保管管理するのも、この薬事・管理薬剤師の仕事です。

そのため、お客様の相談に対応するDI業務も仕事の一環で、問い合わせのあった薬品の説明や服薬指導なども行います。つまり製品に関するありとあらゆる事務的な作業を一括管理する窓口という意味で管理薬剤師と呼ばれているのです

また、製薬会社から薬を購入したいとする医療機関や薬店は全国に無数にあります、今まで製品化した医薬品も含めるとその数も膨大です。安全に薬を医療機関や薬店に届けるための流通供給を担うのが医薬品卸業です。医薬品卸の営業はMSと呼ばれ、この営業職も薬の情報提供や薬の有効性などを各医療機関や薬店に説明していきます。しかし、薬剤や薬品の専門家ではないので、そこに専門的な知識でサポートする管理薬剤師が必要となってきます。

こうして、医薬品卸の薬事・管理薬剤師は製薬会社と同じく、医療機関や薬店などからの問い合わせ業務や、行政対応などの事務もこなしていきます。製薬会社と違い、ドラッグストアなどの一般小売業にも卸していくため、医薬品に限らず医薬部外品や医療機器なども扱うため、医薬品からヘルスケアまでの幅広い知識が身についていきます。

2005年の薬事法の改正で、この薬事・管理薬剤師の需要が急速に伸びています。転職市場では頻繁にみかけますので、チェックが必要です。

管理薬剤師の求人探しならこのエージェント!

リクナビ薬剤師

対応エリア 全国
詳細・申込 公式サイトへGO!

マイナビ薬剤師

対応エリア 全国
詳細・申込 公式サイトへGO!

薬キャリ

対応エリア 全国
詳細・申込 公式サイトへGO!
>>4位以下を含むより詳細なランキングはこちらから!

地域別