TOPページ < 病院

病院の管理薬剤師

→人気の薬剤師求人サイトはコチラ!

薬剤師の就業場所は、調剤薬局・ドラックストア・病院・製薬会社・大学など多岐にわたっています。一般的にポピュラーな職場は、調剤薬局・ドラックストア・病院になっています。それぞれ機能が異なりますので、一概にはどうこう言えません。ドラックストアは人手不足を反映して高い給料が望めます。病院薬剤師は、医療の最前線に身を置くことができるので、薬剤のスペシャリストとしてやりがいは十分に感じることができます。ただ、各業態の往来は盛んに行われており、薬剤師には柔軟に適応する能力が必要な時代になっています。どの場所で働くにせよステップアップが大切なことには変わりがありません。

調剤薬局・ドラックストア・病院に勤める薬剤師にとって、一つの目標になっているのが管理薬剤師です。調剤薬局・ドラックストアの管理薬剤師と、病院の管理薬剤師では性質がかなり異なります。調剤薬局・ドラックストア(以下、保険薬局)の管理薬剤師は薬事法で定められています。一方、病院の管理薬剤師は医療法の規定を受けます。保険薬局の管理薬剤師は、薬局での薬剤師を含むスタッフの業務指導、店舗内の医薬品、その他の物品等を適正に管理することがメインの役割になっています。病院の管理薬剤師は、病院薬剤師という高度な仕事をこなしながら、管理責任を全うしなければなりません。病院の薬剤部には、専門知識をもった薬剤師が集まっています。彼らをまとめながらの管理薬剤師としての業務は大変苦労することもあります。しかし、病院の管理薬剤師は、薬剤部長へのステップアップとしての側面をもっています。

管理薬剤師の経験を積んで様々な役職が就いていきます。病院により待遇が異なり、民間病院の薬剤師は給与が低いとされています。管理薬剤師になると手当が付きますので収入アップが見込めます。国公立病院の薬剤師は公務員ですので、右肩上がりに給与が上がっていきます。管理薬剤師ともなれば高収入が期待できます。国公立病院の管理薬剤師は、公務員という性質上、安定して働けるのも魅力的なところです。民間病院は、規模により基本給・手当の基準額が大きく違いますのでチェックが必要です。転職の際は給与金額が要注意になります。薬剤師転職エージェントを利用していただけたら、条件の良い病院管理薬剤師をご紹介できます。特に、民間病院は給与面だけではなく、職場環境の違いも大きいと言われています。是非とも薬剤師転職エージェントで、働きがいがある職場を見つけてみませんか。

管理薬剤師の求人探しならこのエージェント!

リクナビ薬剤師

対応エリア 全国
詳細・申込 公式サイトへGO!

マイナビ薬剤師

対応エリア 全国
詳細・申込 公式サイトへGO!

薬キャリ

対応エリア 全国
詳細・申込 公式サイトへGO!
>>4位以下を含むより詳細なランキングはこちらから!

地域別