TOPページ < 業務内容

管理薬剤師の業務内容

→人気の薬剤師求人サイトはコチラ!

薬があるところには必ず薬剤師がいます。薬剤師の本文は薬のもつ有効な成分を専門知識から分析して、健康を保つためのサポート、つまり管理や監視を行っていくことにあります。

薬は上手に活用すれば健康を増進するための強力な武器となりますが、へたをすれば人体に影響をおよぼす凶器にもなりかねません。例えば、調剤薬局の服薬指導がその類にあたります。一般的に良薬といわれる薬でも、個人的な体質によって効き目が薄い、あるいは副作用を起こすなどといった症状を招くこともあります。そのため、調剤薬局は必ず体面販売を基本にし、患者の服薬状況に気を配って管理していくのです。

病院に勤務する薬剤師も同様に、入院患者の病状への影響を管理していく立場にあります。医師は医学、つまり生体学の専門家ですが、専門的な医薬の成分になると判断に困る場合もあり、相談を受けた病院薬剤師が薬理学などの専門知識を応用して助言を行っていくという立場にあります。

製薬会社では新しく開発した薬が人体に悪影響がないかなどをチェックするための試験機関を設けて厳格に管理していきますが、薬を製造された時点から販売までの間も責任者としての管理薬剤師を配置し、品質・衛生面などの管理などを行うよう薬事法は規定しています。製造工程、出荷前の品質最終チェックなど製造のすべてに関わり、薬が安全に卸業者に流通するまでの責任を負い、卸業者に流通された後は業者の管理薬剤師が任務をバトンタッチして、医療機関や薬店に服薬指導などを行います。

内部からの管理のみでは万全といえない安全性を、外部からの管理・監視員として機能するのが、国家公務員である薬事監視員です。国内で製造されたものだけではなく、海外から輸入される薬品や薬物にも厳しく監視の目を行き届かせ、その製品品質や製造・販売方法までをチェックして、違法性を排除していきます。ここにも国家資格を持つ薬剤師の薬品管理という専門知識が活かされているのです。

このように薬剤師は薬が研究開発され、製造されて販売または利用されるまで、薬のありとあらゆる管理に関わり、医薬品以外にも食品や廃棄物・毒物劇物などの製造・廃棄に携わる衛生管理、環境管理までの幅広い分野で、専門家として働いているのです。食品に混入された食品添加物から直接口にする医薬品まで、ありとあらゆる加工食品や医薬が安心して利用できるのは、この薬剤師の「管理」という働きが大きく貢献しているのです。

管理薬剤師の求人探しならこのエージェント!

リクナビ薬剤師

対応エリア 全国
詳細・申込 公式サイトへGO!

マイナビ薬剤師

対応エリア 全国
詳細・申込 公式サイトへGO!

薬キャリ

対応エリア 全国
詳細・申込 公式サイトへGO!
>>4位以下を含むより詳細なランキングはこちらから!

地域別