TOPページ < 調剤薬局の求人

調剤薬局の管理薬剤師求人

→人気の薬剤師求人サイトはコチラ!

調剤薬局チェーンや地方薬局の募集で、管理薬剤師募集が目につきます。新店などの増加で経験者を募り、管理薬剤師=薬局長募集が増えているのです。

薬局長は調剤薬局の最高責任者ですから、薬局を運営する業務が一般の薬剤師業務、例えば調剤や服薬管理、服薬指導などの他に、薬局長だけに任された、薬局全体の管理指導というものが上乗せされてきます。比較的小規模な店が多いため、薬局長と管理薬剤師を分けて配置するわけにもいかず、管理薬剤師の職務も同時に任されるわけです

では、薬局長の業務とはなんでしょう。ひとつは薬局の中で働く薬剤師の労務管理があります。薬局の開店から閉店までの人員配置を考えて、シフト調整を行ったり、従業員個々のタイムカードをチェックしたり、退職の相談や異動の相談などにも乗って、これを本社に稟議するなど、薬局の運営がスムーズに動くように調整を図っていきます。

薬局の売上を管理するのも、薬局長の大切な仕事です。最終の売上を集計したものに目を通して、小口現金の使用先や購入したもののリストが適性かを判断します。レジの集計や金銭出納ソフトへのパソコン入力は事務職や薬剤師が行いますが、最終的な金銭管理は薬局長に任されています。

調剤薬局は病院などの門前薬局として特化した業務を行っているところが多いので、その専門性を高めるために、そこに勤める薬剤師の教育係を担当するのも薬局長の大切な使命です。新薬のための勉強会を行ったり、新しく入社した薬剤師に個別的な指導を行ったり、そこで働く薬剤師の職務能力の標準化を図っていきます。

また、調剤薬局などの薬剤取扱店は、薬事法に詳細な管理規定が設けられていて、麻薬・向精神薬・覚せい剤原料などは法律が厳しく管理指導を行っているものです。そのため、薬局長はこうした薬局の在庫管理をきちんと行い、一般薬の使用期限から、おおまかな患者数の推定を基準にした適切な在庫量をコントロールすることが求められます。倉庫管理などの実務は一般の薬剤師が行いますが、管理責任は薬局長に課せられます。ほかに、病院や薬剤師会などに出向いて、さまざまな対外的な交渉を行うのも薬局長の勤めです。このように薬局長には、保健薬剤師としての蓄積した経験による「総合マネージメント能力」が必要となってくるのです

管理薬剤師の求人探しならこのエージェント!

リクナビ薬剤師

対応エリア 全国
詳細・申込 公式サイトへGO!

マイナビ薬剤師

対応エリア 全国
詳細・申込 公式サイトへGO!

薬キャリ

対応エリア 全国
詳細・申込 公式サイトへGO!
>>4位以下を含むより詳細なランキングはこちらから!

地域別