管理薬剤師の手当

→人気の薬剤師求人サイトはコチラ!

薬を販売するときには薬事法で、管理薬剤師の設置が義務ずけられています。薬事法では、「薬局開設者薬剤師であるときは、自らその薬局を実地に管理しなければならない。ただし、その薬局において薬事に関する実務に従事する他の薬剤師のうちから薬局の管理者を指定してその薬局を実地に管理させるときは、この限りでない。局開設者が薬剤師でないときは、その薬局において薬事に関する実務に従事する薬剤師のうちから薬局の管理者を指定してその薬局を実地に管理させなければならない」とあります。薬を扱うため特別法を制定し、細かく規定することで、衛生管理に支障がでないようにしています。薬局で売られている市販薬でも一歩間違えば副作用が生じる可能性があり、管理薬剤師という責任者を定めることで、安心して消費者が薬を購入することができます。

極めて重い責任を負っている管理薬剤師ですが、管理薬剤師の魅力は人それぞれで違うでしょう。薬剤師にとって管理薬剤師になることは一つの目標です。管理薬剤師になることはステータスでもあります。見方を変えれば、30歳過ぎている薬剤師で管理薬剤師の経験がないと能力を疑われてしまいます。管理薬剤師は薬剤師としてのリトマス試験紙のような側面があります。管理薬剤師になることで薬剤師としてのステップアップを図ることができます。責任を負う立場の管理薬剤師になると当然、手当がつくます。基本給に10〜20万円の上乗せが見込めます。これは各薬局により差がありますのでチェックが必要です。年収ベースで考えるとかなりの収入アップになります。管理薬剤師になることは給与でもプラスの効果をもたらします。

薬局により管理薬剤師の手当はまちまちですから、現職場に不満がある管理薬剤師には転職も選択肢にあってよいと思います。ただ、各薬局の基本給・手当の情報は把握できないものです。ハローワークにも薬剤師の求人はありますが、絶対数が少ないのが現状です。一方、薬剤師転職エージェントは、薬剤師の圧倒的な求人が用意されています。求人誌やハローワークでは歯が立たない程の求人件数があります。薬剤師業界に特化しているため、きめ細やかな情報を入手することができます。調剤薬局、ドラッグストアは一般企業とは違うため、専門家による転職サポートが必要になります。超売り手市場とされる今が転職のチャンスと言もえます。是非とも薬剤師転職エージェントで管理薬剤師を目指してみませんか。

管理薬剤師の求人探しならこのエージェント!

リクナビ薬剤師

対応エリア 全国
詳細・申込 公式サイトへGO!

マイナビ薬剤師

対応エリア 全国
詳細・申込 公式サイトへGO!
サイト名 対応
エリア
詳細

ヤクステ

全国
>>4位以下を含むより詳細なランキングはこちらから!